最近の練習法

どうも。

最近の練習について書く。

教本は常々言っている通り、30番とインヴェンション、ソナチネとワルツである。曲の練習方法は他のサイトの方が役に立つので割愛。

 

私の場合手のフォームや姿勢が良くなかったので、そちらを矯正する練習をしている。

まずはこちらを見てほしい。

10月の終わりごろ、耳が聴こえないながらも何とか弾いたやつである。

 左手はとにかく手首が下がっていて、右手は鍵盤を押していない指の待機ポジションが空中である。それにより全体的にバタバタした印象。

 

姿勢は良くするように気をつけるしかないので、気をつけるとして。

指は待機ポジションを鍵盤の上に設定した。やってみるとわかるが最初は全く指が動かない。

全身鏡をピアノの横に置いて、逐一確認しながら片手ずつゆっくり(四分音符40くらいで)弾く。(鍵盤のフタもよく見てる)

曲が流れるようになってきても、必ず最初は片手ずつ弾いて形を確認すること。左右とも同じ。

 

30番の1番で言うと四分音符100くらいまでは上げて、その後40まで戻す。その繰り返しをして段々安定して速く弾けるようにする。(間隔として3、4日で1サイクル)

ちなみに手の形が崩れたら、それ以上は絶対に速くしない。その状態で弾くのは楽なので、あっという間に崩れた状態が定着してしまう。

 

参考サイト:

blog.suikyou.watson.jp

このサイトは私の言いたいことが大体まとめられている。オススメです。

 

そんな感じ。

他にも書きたいことが出てきたら都度書くつもり。